*

滋養強壮とニンニク

      2014/07/11

食品で精力を増強させると考えたとき、いくつかの食品は必ず名を連ねます。それだけそこの名を連ねた食品は国内・国外とわず精力増強に効果があるとされ、滋養強壮効果にも期待がかかっているのです。

その精力増強食品群の中に、ニンニクがあります。

ニンニクの画像

ニンニクと言えば、「精力」「スタミナ増強」「滋養強壮効果」……と思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

そのイメージは正解です。

滋養強壮効果が高いと言われている根菜の中でも、ニンニクの効果はトップランクに位置します。

含まれている栄養素のほとんどが精力増強や滋養強壮と結びつき、果てには勃起不全にまで影響が及ぶ栄養素も含んでいます。

精力剤だけでなく、市販の健康ドリンクにもにんにくエキスが用いられるほど、その効果は広く認められており、科学的な実験による根拠まであります。

いわば、国が公認している滋養強壮食材ということですね。

ニンニクには多くの亜鉛が含まれています。

亜鉛が精力にどう影響を与えるかは、以前別の記事で書いたのでそちらを参考にしてください。(参照記事:精力増強と牡蠣)

亜鉛以外にもアリシンと呼ばれる物質を多く含んでおり、この物質が体内でビタミンB1と結合するとアリチアミンという物質に変化します。このアリチアミンは神経系を刺激し、精子の量や運動量を助ける働きを持っています。

また、ニンニクには硫化リアルという成分が多く含まれており、この硫化リアルは血液の流れをサラサラにします。

血液の流れが良くなるということは、勃起不全の状態を緩和することにほかなりません。

器質性の勃起不全の原因のほとんどは、成人男性病や肥満、動脈硬化といったものです。つまり、すべて血液の流れを阻害するもので、海綿体まで血液が十分に流れ込まない状態になるということです。

だから、血流を良くするニンニクはEDに効果があるんですね。

とある実験でネズミにニンニクを与えるということをしました。

これはニンニクに精力増強効果があるかどうかを調べる実験です。

結果、オスのネズミは精子量が増大し、メスのネズミは排卵の量が増大し、受胎率も上がりました。

このことから科学的にニンニクには精力増強効果があることが認められました。

精力増強や滋養強壮だけでなく、勃起不全の状態まで緩和することが科学的に認められている。

ニンニクはまさに精力増強する食材と言えますよね。

 -精力アップが狙える食材, , , , , , , ,

  関連記事

unagi481x360

精力回復とうなぎ

食品で精力を増強させると考えたとき、いくつかの食品は必ず名を連ねます。それだけそこの名を連ねた食品は

yamaimo424283

滋養強壮効果と山芋(トロロ)

食品で精力を増強させると考えたとき、いくつかの食品は必ず名を連ねます。それだけそこの名を連ねた食品は

kaki400x266

精力増強と牡蠣

食品で精力を増強させると考えたとき、いくつかの食品は必ず名を連ねます。それだけそこの名を連ねた食品は

nira200x200

精力増強とニラ

食品で精力を増強させると考えたとき、いくつかの食品は必ず名を連ねます。 それだけそこの名を連ねた食品

kurodaizu420x420

滋養強壮効果と大豆

食品で精力を増強させると考えたとき、いくつかの食品は必ず名を連ねます。それだけそこの名を連ねた食品は

butareba350x262

滋養強壮効果と豚レバー

食品で精力を増強させると考えたとき、いくつかの食品は必ず名を連ねます。それだけそこの名を連ねた食品は

shouga481x333

精力改善とショウガ

食品で精力を増強させると考えたとき、いくつかの食品は必ず名を連ねます。それだけそこの名を連ねた食品は

胡瓜系の野菜
ペニス増大には血行を促進する食生活がおすすめ!

食事でペニスのサイズアップはできるのか? 毎日の食事を改善することでスタミナを増やすことができます。

citrlin-dx400x400
食事で補えない栄養素を補えるシトルリンDX

シトルリンは売上ナンバーワンでシトルリンの効果はオレイチバンだと思っています。 性力増強におすすめな

seiryokuzai200x200
効率的な食事を精力剤で補助しよう

滋養強壮作用や精力回復を食事で行うのは確実な効果を得られますが、時間がかかってしまうだけでなく献立を

foods
食生活を改善して埋没包茎を治療

乱れた食生活を改善し、整調することで埋没包茎になることを未然に防ぐことができます。 そもそも、埋没包

ed-foods
ED改善と食事

乱れた食生活を改善し、整調することでED改善に効果があります。 そもそも、EDは器質性ED、心因性E